保険の内容が自分にあったものであるのかということを検討する際には、自分だけで決めるのは不安なものです。家族で話し合っていても、それがベストな答えであるのかということは決められないものです。そこで、相談すべき相手として保険の外交員の人たちがいます。しかし、今加入している保険会社の人というのは、やめて欲しくないために自社製品を進めてきます。

確かに、保険商品というのは定期的に新しいものが出てくるので、良いものを紹介してもらうことができますし、今までの保険内容を引き継げるのでメリットは高いです。しかし、他社の製品の方がより優れていることもあります。そこで、他社製品も含めて相談したい時には、合同出資で出されている保険窓口への相談です。ここは、多くの保険会社の商品を取り扱っており、窓口担当は中立的な立場で進めてくれます。そのため、どこかの保険会社を押してくるというわけではなく、全体からベストなものを紹介してくれます。そこで、たくさんの保険会社からベストなものを紹介してもらえるのでオススメです。

ただし、保険を他者に切り替えるには、時期が重要です。契約期間での解約は返戻金が戻ってこなくなったり解約金が発生することがありますし、二重で保険に加入することになることがあります。そこで、契約満了のタイミングで新しいものへ切り替えるのがベストです。

Published by admin